仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

【レースレポ】ちみ監督の元で走ったフロストバイトハーフマラソン

1年ぶりのハーフ、昨年から14分16秒タイムを更新しました、まっさんです!速報に☆やコメントありがとうございました。フロストバイトの振り返りを、、、。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


マイアミのアミアミの奇跡

入場口でメッセージが聞こえる。
「本日は身分証明のない方は会場内に入れません」

やべ、DNSだ、今日は、、、。

やばい。
まっさんは焦っていた。

今日は会場近くまで嫁ちゃんに送ってもらった。
嫁ちゃんと娘は会場近くの友人の家に遊びに。
車から下ろしてもらう時思った。

「どうせ後で合流するんだから少しお金を持って財布は置いていこう。」

会場入り口で我に返った。
財布=免許がない。=入場不可。

カバンを漁ると山用小銭入れが。
そして奇跡的に穴あきの昔の免許が!!!


まっさん、たくさん免許を持ってる。バスだって雪上車だって運転できるぜ!

いちかばちかで入り口を通ろうとするが、最初の関門で
「これはダメだ」的なことをアメリカ語で言われる。

銃を持った兵士もいらっさる。

抵抗せず、いちばん離れた列に並び直す。
そして陽気に行く作戦だ。

「How sunny it is! I'm so happy! !Oh!!!」
免許の穴を指で押さえて門番に見せる。
「Today is a good day, do your best!」
ノリのいい門番だ。
「Thank you thank you! !」(ハイタッチ)

こうして危機を脱して入場した。
超ラッキーだった。まっさん、陽気なヤローで良かった。

てか、まっさん、さすがである。

箱に入らずして国外へ。

盗人猛々しいゴーンさん以上に流石に日本を脱出した。


会場内ではみんな笑顔だぜ!陽気だぜ!!
この大会大好きだぜ!!!!

アミアミのキセキ

なんとなく連絡を取りつつ今日の主要メンバーが集まり着替えていると。
トシ姉ぇがアミアミぢゃないすか!
まっさんもアミアミっす!写真写真!とか盛り上がると、

と、横にいたトマス氏も「俺もアミアミす」的な!!

で、

トシ姉ぇに腹筋を褒められる。

アミアミの奇跡だぜ!!!

とか言ってると
トレーナーだけもらいにきた
負傷中ながら応援に来てくれたちみ監督が、

「そろそろ動き出さないと時間やばいっす」

と。

アップは失敗

まぁ、バタバタトイレに行ったり、手袋やっぱ取りにこう。
なんてやってるうちに10分前。みんなともはぐれる。アップなしだぜ、くそう。


慣れないAゼッケン、スタート位置に行くとみんな待っててくれてた!
今日はヴェイパー2足目おろしたてエキデンパック!
400km走った黒ヴェイパーと弾み具合が違いすぎてびびる。

1歩も走らず実戦投入www

スタート〜16km

当初は415ペースから上げていく作戦だったが、
トシ姉ぇに
「これ415で走る靴じゃないないわよぉ」
「400で走るからついてこいや!(兄)」
と作戦変更を命じられる。

スタートから16kmまでのラップ。

1km2kmはパワーメーターで見ても出力上がりすぎた。
スタートー1.5kmまでトシ姉ぇについていくも明らかに自分にはオーバーペースと感じたので心拍が150台にいくところまで緩める。410前後で落ち着いたので淡々と走る。単独になったりついたりつかれたり。「単なる移動」で力を使わずマラソン30kmまではこんな感じでいこうとシュミレーション。
未使用ヴェイパーがすごすぎて今日使ったことを後悔しつつダメージを与えないようにそっと走るwww
もう東京までは使わないでおこうっと。
トシ姉ぇに「未使用は全然違いました。」と報告すると、
「黒く塗った時点であの靴終わってるでしょ。」とバッサリ。
くそう、トシ姉ぇはオネエでも単なる人格者でも無い、実は厳しいお方だ。

16km〜ゴール

16kmからは余力あったので、先日の5000TTを思い出しペースアップ。
目標はラスト5kmで20分カットだ。
本当は17kmから上げれば5kmではあるが計算を間違えたwww

ラスト6kmのラップ。ラスト5kmは20分05秒。あと5秒あげきれなかった。けど5000mのセカンドベストwww

ラストに力を残しすぎた。
まだ全然いける感じでゴール。先にゴールした皆さんを待たせてしまった、すません。みんな速すぎぃ。。。


フロストバイトハーフマラソン
まなパパ→トシ姉ぇ→トマス氏→まさーんの順に。
声高めのちみ監督。

この声援なければ1秒けずりだせなかったぜぃ。

1:25'59"

ハーフ25分台と26分台では自信がちがう。
距離が短くても

硬い肉を食わなかった


トシ姉ぇの案内で基地の外のハンバーガー屋さんへ。

お揃いの格好で店員さんを威嚇。

この5000円バーガーに惹かれるが、、、。

持ち合わせなく1500円のバーガーに。伝わらないけどでかい。

調子乗って大口開けたら首の筋肉つった。うまし。
トシ姉ぇアテンドありがとう。

ちみ監督指示

ちみさんは走れなくて悔しかったらしいがこの時はそんなそぶりを見せず、いろいろアドバイスをもらったぜ。サブ3ランナーは自分にも厳しいが人にも厳しい。でもいろいろ言ってもらえるところまで上がってきた喜びも感じたバーガー屋だった。

ブログを書き始めるまでとか夏の駅伝とかまでは
「全力さんとヤベーやつからコメント来ちゃったよ」って言ってたんすよと。くそぅ笑
確かに去年は死にそうになりながら走って100分カットもできてないんだからヘボいやつだ。
でも今年は80分台のランナーに仲間入りしたぜ。
「東京行ける」「底知れぬ可能性」この言葉を信じて引き続き励む。そしてさっさとサブスリーランナーの仲間入りを果たす。

今日試して良かったこと

モルテンジェル


硬いとの話だったので良くモミモミした。
口の中に一気に入れたら全然飲み込めなくてリスみたいにほっぺたに入れて少しづつ吸収。青梅では半分づつ口に入れよう。

テーピングドーピング


自分は足首を何度も捻挫していて可動域が広すぎるので思い切って横方向に動かないようにがっつり固定してみた。
足首周りで逃げていた力がテーピングによりブレなくなり走りやすかった。その代わりに反発が凄すぎたのでとりあえず腹筋で全て受け止めた。頭の先に抜ける様に体を一本の棒にできればもっと進める走りができるはずだ。おかげで腹筋いてぇ。

来月の青梅に向けて

丁寧なジョグ

低速でできないことは高速で出来ない。
ジョグを丁寧に行う。疲れない前傾と腹で受けないでいい様に反発を推進力に変える。
でなきゃこの靴はクソみたいな靴になる。

坂インターバル

vo2maxを上げてLT値からの余裕を作る。距離が伸びて心拍ドリフトした時にまっさんは脚が終わらないスタミナはあるが心拍が終わると走れなくなる。

5000TT

スピード値を底上げするために繰り返し行う。WAKA先輩から18’30”まで伸ばせ!と言われておる。

月例青梅マラソン

スピード持久力を上げるためには坂道を使う。勝手に変化走になるのでペースの上げ下げでのスタミナをつけられる。平地が走りやすくて仕方ない感じが距離が伸びるほど余裕になる。

実質強度高い練習をできるのはあと1ヶ月。青梅マラソンまで。

やるぞ!!


お似合いだ!


3つ買ったのに嫁ちゃんがかぶってくれない。くそう。

【速報】フロストバイト完走、ハーフマラソンPB更新だぜ!!

結果
1:28'00切りのー!

松!!

PB15分更新の!

1:25'59でした!
ラスト5kmはギリ20分カット!
出来ず、20'19"でした、、、。

あざすー、あざすー!

短い?距離が??
外国だからGPSが狂ったんですよ、、、。

【忘備録】東京マラソンコースをガーミンヌに入れてみる

雪のために準備していたのに拍子抜け、まっさんです。雪が降ったら足あとつけにお山に行こうと思っていたのですが断念して家族サービスに徹します、、、。来週、東京マラソンのコースを試走してみようと思いルートラボからガーミンヌさんに入れてみました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

用意するもの

あいほん
がーみんぬ
(PC無しでできるとか画期的)

順序

ルートラボを開きます

まずはルートラボで
「東京マラソン 新コース」
と検索。

たくさん出て来ます。
※ ルートラボさんちは2020.3月でサービス終了とな。
ジョグノートといいなぜ次々にサービスが終了するのか、、、有料でもいいから残してほしいなぁ。

信頼性の高そうなデータを選びます


ランニングマガジン・クリールさんのデータを選んでみました。
高低差も表示されます、平らっ!!ってか下り!!
左下のうすーい「i」ボタンをクリックしやす。

データ形式が表示されますので選びます。


GPXファイルを選びます。
何と高低差38mとな。
こんな平らなコース走ったことないから逆に不安だわ。

ダウンロードしたデータを表示させます


連打したら3つも同じデータがでてきてしまいました、アザス!3つもアザス!

クリックしてどのアプリで開くか選択しやす


数字と英語がたくさんでてきてビビりますが触らないに限ります。
きっとどこかを「ちょん」って触ったら2度と元に戻せないような感じしますよね。そうですよね。
「その他」を開くと以下の画面が出てきます。

アンドロイドさんだとダウンロードしたらすぐにガーミンヌさんに転送とかできるみたいです。

がーみんぬさんにコピイを選択しやす


たくさんあるけど間違いないように選択しやす。
まぁ間違えないと思います。

ガーミンヌコネクトンヌを開きます


「トレーニング」→「こおす」のところを開きます。すると、、、。

ガーミンヌさんはかしこいです

ダウンロードされたデータがガーミンヌさん仕様になって表示されてます!
わお!累積標高が38m→380mに増えました!
そして距離がショートしています!
これでは公認になりません!

なぜかわかりませんがガーミンヌコネクトンヌさんはそう思っているのでツッコミは無しで。

あとは同期するとガーミンヌさんにデータが送信されます、はいてくぅー!

ペースなんかも設定できますので「4’10/km」に設定しました。2時間55分くらいでゴールできそうです。Sub3です!

ガーミンヌさんのらんめにうを開きます


転送されてました。
あとはポチッと押すとガーミンヌさんが道案内を始めてくれるとのこと、ありがたいですぅ。

他力本願であっさり設定が終わりました。
便利な時代になりました、アザス!

来週はLSD

フロストバイト翌日に出来ればガーミンヌさんを頼りに走ってみようと思います。

4’10/kmペースで走るのは本番までのお楽しみに取っておきます。

終わります。

【5000TT PB】㌔4の壁が無くなったらスピードが上がって来た

実は㌔4の壁なんて無かったことにやっと気づきました、まっさんです。マインドセット完了。スピードあげていくぞー。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

㌔4の壁

まっさん伊豆トレイル70km8時間40分ですって?
Sub3ランナーも9時間切れてない人たくさんいるんですよ。

そりゃー山はオレの舞台だからな、当然さ。

青梅マラソン30kmのコース4’22/km avg.で走り切ったらしいじゃないですか。

おうよ。アップダウンあるしあそこも山だしな。

昭和記念公園の10kmTTは4’06/km avg.で行けたらしいじゃないですか。

まぁな。

奥多摩駅伝でケッコー激しいアップダウンあったのに7kmで4’00/km avg.で走ってたじゃないですか。

あったりまえよ。

じゃあさ、
5000TTなら19分切れるんじゃないですか?  

普通こんな会話になるはずだ。
(まっさん1とまっさん2が話しています。)

しかし、
5000TTなら19分切れるんじゃないですか?の問いにまっさんはびびっていた。

ぉ、ぉ、ぉぅ、、、。
20、分、ならががががんばったらどうにかなる、、、?のか??


???

なぜこうなる??

夏に5000TTを20'20"で走って、超つらい思いをしてから5000TTを㌔4切って走るなんて無理だと決め付けていた。

なんなら5000TTで20分切れなくたってSub3狙えるんじゃないか?などと考えてばかりいた。

傍目から見たらまっさんだってもう5000TTで20分を切れる実力があるはずだ、間違いない。

頑張って来た成果を出すんだ!

っつーことで。
今日は気合いを入れて陸上競技場にきた。
気合いに燃えて、周りを走る人をビビらせてしまったらどうしよう。


うん、安定の貸切りだった。


しかも!使用料50円とロッカー代10円を払うなど、お金を走って走る気合いの入れようだ。

シューズは物議を醸してるヴェイパーフライネクスト%だ。もう400km使用してバネがあるんだかないんだか、よくわからなくなって来たけど。

いざ5000TT

まっさん㌔4を切って3’50/kmとか表示されるとびびってしまうので(初心者が高速道路で100km出すと体が固まってしまうような感覚だ。)

時計はポケットにしまってガーミンヌは見ないで走ることにした。(まだビビるか、、、)オートラップなので5回、ピピ、って言ったらおしまいだ。

いざ!!!!

5km走れそうな感じを大切にジョグフォームの延長で気楽に走る。
なんなら20分を切れなくたって誰も怒らないんだし。

1 km 楽チンだ。遅すぎるかな??
2km 楽チンだ。このくらいのペースでいいや
3km 楽チンだ。でも飛ばしすぎなくてよかった。
4km 足が重くなって来たけどあと1000mだ。
5km 何分かよくわからんけど少しキツい、でもダッシュ。

結果丼。

ふご??

19'15"(3’50/km avg.)

なんだ、やればやっぱり出来たんだ。
PBを65秒ほど更新。

20分は切れると思ったけど単独走で300mトラックだし19'30"カットは上出来だ。

Sarazal interval

なんかあんま疲れなかったのでインターバルもカマす。

60円もの大金を払ったんだ。

Sarazal intervalは300m×7 レスト300mのレペティションみたいなインターバルだ。

300m=60s目安に。
楽に走る。

結果丼

1.2本目が意外にも速くなったので3本目リラックスしたら遅すぎた。

設定通りに走れているがすこし疲れたので6.7本目はレスト300mをかなりゆっくり走る。まぁいいんだ。

7本目はジョグフォームが崩れないギリギリで速く走ってみる。

300m=52"5(2’55/kmペース)

なんだ、まっさん、ちゃんとスピードあるじゃないか。ってか、かなり足が速いじゃないか。

ついでに閾値走

60円も超大金を払ったんだ。
100万円預けたって60円も利子はなかなかもらえない。

もう 5000m走ろう。
今度は時計を見ながら4’15/km以内で走ってみよう。

結果丼

5000TTやインターバルのあとだとなんだかすごくゆっくりに感じる。
心拍も160に行かない位のちょうどいい感じだ。

あっという間に5000m終了。
20'26"(4’06/km avg.)

すごく楽に感じた。

㌔4の壁を意識するあまり良かった事もあった。

Sub3のペース=4’15/km

いつの間にか4’15/kmってすごく速いんだぞ、って思ってた壁はとっくに取り払われてた。

そんなもの、どこにもなかったんだ。

60円も払った甲斐があった。

東京マラソンまで50日を切ってる

東京マラソンも近づいて来てる?
練習できるのはあと1か月くらいしかない。

今日の練習は良いきっかけになったし、夏から続く走り込みが土台になっていくら走っても身体はなんともない。(もちろんケアは超してる。)

おし!

なんだかー!

いける気がするーっ!!!

やべっ、調子に乗って走りまくったけど、週末ハーフマラソンですぜ、、、。

モルテンを個人輸入してみた。

そろそろ東京マラソンに向けての補給を考えてます、用意周到、まっさんです。最近のレース補給はひたすらモルテンなので費用がかさんでいます。そこでモルテン個人輸入してみました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

なぜモルテン?

モルテン補給にしているのは「気持ち悪くならない」

これにつきます。

原理はよくわからん公式サイトで小難しい書いてあるのでご参照のほど。

胃酸と反応してゲル化して、なかなか胃を通過しない炭水化物が腸に進んで吸収するとかされないとか、、、。

おそらく胃酸過多で気持ち悪くなるはずが胃酸と中和してハイドロゲル化するので胃の中が胃酸から守られる、って感じなのかな?

でもお高いのよね


2つで2000円オーバー。

確かにうな丼食った方が良さそうな。

海外通販で探す


日本の半額ですよ、しかもサイズが細かく展開されているのでピッタリサイズが買える。

まっさん、トレランシューズなんかはほぼ海外通販でポチってるので早速モルテンも売ってないか探す。

と、あった。

どうやら、えげれすのお店だ。

ポンドのレートを調べると

16666円を超すと関税がかかる。確か。


まぁ、半額以下よね。
これなら多用してもまだ我慢できるレベル。

えげれすのお店からにっぽんに送ってくれようだ。
送料は2000円ちょい?

カフェイン入りのジェルを1箱
モルテン320粉を1箱

送料入れて12,300円くらい。

うなぎ屋隣で買うと
27,000円分くらいなので半額以下だ。

届くといいなー。

カード不正利用されないといいなー。

いつ届くんだろー。

リスクあるなー。

【山ヨガ】トシ姉ぇとぬるぬる温泉に入った

最近はてブロメンバーとお風呂に入りまくってます、まっさんです。今日はトシ姉ぇとぬるぬる温泉に入ることに成功しましたが、カナ先生との家族風呂は見送りました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


山ヨガへの道

山ヨガ presents by ジャーマネ。

山ヨガってのは、つまり山でヨガポーズしちゃおう。

ってそう言っちゃえばそれだけの事。


これは先日の外輪山ね。

それだけの事だけど、それをしにわざわざまっさんの仕事場のお山に来るってんだからおもてなしに向かうぜ!!

と、仕事終わりに山ご飯用の水2L含む、10kg近い荷物を背負って走る。

激坂を登り、先行するみなさんを追いますよね。


登り坂、大好き!!ひー。

山ヨガ前の腹ごしらえ


いっちさんはワンタンスープ。
ガチで作り始める。ウマシ。


トシ姉ぇの作ったカレーパンにむらがる、おーさんとふじやまさんとまっさん。ウマシ。


まっさんは山コーヒーを。
セルフで豆をひかされるふじやまさん。


ヨガマスターは10万年以上生きてて1番美味しかったと。その割にはコーヒーを飲めないおーさんに無理矢理押し付けてたw

まぁー、腹いっぱいになりました。

山ヨガたるや


まぁ、自然との一体感。


切り株の上で笑顔を見せる余裕。

やっぱりこの人はヨガの先生なんだな、売り出し中のランナーでは無いんだな。と思った瞬間。


トシ姉ぇとダウンドッグ。なんか違う。

山ヨガに関してはカナ先生がきっと素晴らしいレポを書くはずだ。
絶対に書くと思う。

なので、省略。

書いてくれた。

kanayoga.hatenadiary.com


山を下りつるつる温泉ことぬるぬるな温泉へ。

ゴール地点でここをくぐれと渾身のダウンドックカマすも荷物で首が痛い。

まぁ、誰もくぐらんよ。

山ヨガ後の風呂

つるつる温泉はぬるぬるする最高の温泉だ。


カナ先生に
「家族風呂、一緒に入ろうぜ!」
と提案すると、


「えー、ぜんぜん、いいよ。」
と言われたものの


そんなこと言われたら股間がびびってしまい


トシ姉ぇと入るんだ!



と、自分で提案したのにやはりトシ姉ぇを選ぶことに。

トシ姉ぇとは先日のスイーツランの時に一緒に風呂に入り損ねたので(こんときはたまたまRYO君と入った)今日は禁断の道へと向かう。

おーさんとふじやまさんとも一緒の風呂につかった。

股間や尻もよく洗ったが、まぁ特に何も起こらず。
マラソンやヨガや山の話をしながら風呂につかった。

SS氏曰く、トシ姉ぇはお姉ぇではなく
「単なる人格者」
とのことである。誤解なきよう。

この2人は風呂上がりにビールをカマし、

さらにはワンカップをカマし、さらに電車の中でもハイボールをかまして酔っていた。無敵だ。


そして酔っていた方もう1名。
バスで酔って聖母感が消え失せた10万28歳。

これで、はてブロメンバーとは
のちぼーさん、petaさん、High君、SS氏、RYO君、トシ姉ぇ、おーさん、ふじやまさん
多くの方と風呂を共にした。
まぁ、いらねえ情報だ。

仕方ない。
次は10万28歳と入ってやろう。

ふへへへへへへ。

調子を崩し山ヨガに来られなかったジャーマネ、次回は一緒に来たい。

ジャーマネ代打で完璧な山行日程を作ってリーダーしてくれたトシ兄ぃ、ありがとうございました。

に、兄ぃ???

それはそれで、なんか、ね、、、。

強制スピード練習【起伏走20km】

謎の肋骨痛や謎の発熱に襲われたこの1週間、虚弱体質、まっさんです。虚弱体質を振り払うべく、腰サポーターを胸に巻き、20kmスピード練習、行ってきました!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


下りの力を利用してスピードを上げる

以前実施していた「岩本式」。峠走はやったことはなかったが下りで普段出ないスピードで大きな動きと着地筋を鍛えるとのこと。

また、小出監督もボルダーでQちゃんに高地を走らせていたのは心肺に負担をかけるというより、アップダウンで普段使わない筋肉に刺激を入れてスピードを上げるためだったらしい。

にいやん坂TTでも下りは今まで味わったことのないスピードを出せた。

しかし、今んとこ、スピード不足の安全運転男、まっさん。
まっさんの本当のチカラ、青免許の実力を見せてやろう。

下りでスピードを開花させてやろう。

箱根駅伝の5区と6区

区間記録5区 小田原→箱 根(20.8キロ)
01:10:25 ㌔3'23

区間記録6区 箱 根→小田原(20.8キロ)
00:57:17 ㌔2'45

東海大学の館沢亨次選手の魂の走りは記憶に新しい。もうスタートした瞬間から勢いが違った。

ランナー電卓で計算するとなんと㌔2'45"とな。
キプチョゲより速いじゃないすか。

874mからほぼ0mまで15kmほど下るわけだから、「6区を走り切った選手のほとんどがしばらく立ち上がれない」ほどのダメージを受けるという。

下り斜度は約6%。
平地に比べたら比べ物にならない着地衝撃が選手を直撃するんだなー、と。

とりあえず参考にはしつつもあそこまでの長い下り区間は近場にない。

いや!あるぞ!

と、

下りの力で強制的にスピード狂になってやろうと、仕事明けに奥多摩駅に向かったのであった。


今日は下りのダメージを吸収するズームフライ3 だぜ!


こんな時間に奥多摩行く奴いないぜ!

奥多摩渓谷駅伝復路

先日走った奥多摩渓谷駅伝復路。

登りもあるが下りの方が多く、思ったよりスピードが強制的に上がった。

20km程で140m下る。

なんだ意外にそんなもんか、、、と思ったが結構登りもあるので下り斜度は2%弱はあるのではないかと見繕い、これならダメージも箱根を下る半分以下かと。

目標は㌔4’00/kmで走ることだ。
登りはこの限りではないけどどこまで押せるか。

まっさんは「館沢亨次選手」のごとく走り出した。

結果など

結果丼。

スピードなんぞあがらず、平均4’30/kmを切るのがやっと。
先日の駅伝のスピードなど出ず。

下りでは3’50/km台が見られるものの、1kmラップではまったくそんな様子はない。

13-14kmは30m以上登るけどその分下ってるのでたいした高低差には見えない。

下っては登る、登っては下る、ただ単に脚を鍛えるだけの展開になり苦しみつつ10kmを前に脚が終わる。14km地点の登りでは脚はパンパン。這々の体で20kmを走り終えただけだった。

2日前の熱発から治った気がしたがまだ本調子ではなかったのか。(奥多摩方面に向かう方は感染にご注意下さい。)

腰バンドを胸につけたら肋骨の痛みは我慢できるが、呼吸が苦しすぎた。

ズームフライ3は登りではまったく履きこなすのが難しく、重いだけだった。

言い訳だらけになったのでリベンジを誓う。

館沢亨次にはなれなかった。
(スタート1kmの登りだけは頑張った。)