仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

Garmin 『MARQ』シリーズ発表

ガーミンが無かったら走り続けていないでしょう。そのくらいいつもガーミンと一緒にいます。まっさんです。 今回はガーミンから高級ラインが出たとのことで調べてみました!

Garmin 『MARQ』シリーズ

Garminが心拍計搭載のスマートウォッチの高級ライン『MARQ』シリーズを発表したとのこと。
6月までには日本に入ってくるとな。

北米ガーミン公式ページから
左から
Athlete Captain Aviator Driver Expeditionの5種類。
価格は左から
1500ドル、1850ドル、1950ドル、2500ドル、1750ドル。




…。




たっかー!

と思いつつ、Gショックのマスターシリーズより安いので抵抗はないかな??

性能で気になるところ

ハードウェアは Fenix 5 Plusがベースとなり、GPSにSONY製GNSSを初採用。これはSunnto、Polarと同じ。これにより消費電力が半分に。バッテリ持続において大きなアドバンテージがありなんと28時間持つと!

GPSモード:約28時間
UltraTrakモード:約48時間
GPS with Music:約9時間

これはウルトラトレイルではありがたい。
充電を気にして走らなくても100mileとかでなければ助かる。100mile超えレースでも充電回数が減るのは助かる。

ATHLETE:約18万円


https://youtu.be/bZ-mhL54Cf0
↑紹介動画↑

カッコはいい?けど見てみないとなんとも言えない。しかしシリコンゴムバンドの時計に18万出すか??

地図はついているのかな??

EPDEITION:約20万円


https://youtu.be/NFl1UVd-ZQY
↑紹介動画↑

地図がついている分高いなら納得だけど、この革は汗や水には強いのか??革ベルトではフォーマルは厳しいかな??

935に満足していないわけではない

235のショボーン、な外観が嫌になってではないけど、駆動時間が伸びたので買い換えた935。

が、935はたびたびの登山でぶつけまくり画面に貼ったガラスフィルムを何回取り替えたか、、、。
フォーマルにも厳しいチープさも気になっていた。

fenix5に何度も買い換えようと思ったけどイマイチ踏ん切りがつかないまま今に至る。
11万であまり変わらないfenix5シリーズ買うならバッテリー駆動時間が伸びたこのモデルはかなり欲しい。

しかしスポーツウォッチとしては高い。
ただ高級時計として考えればこのくらいの値段だろう。

とりあえず現物を見て考えたい。
いつ日本に入って来るのかなー。、


935をうまく下取りに出せて、見た目を判断して考えたいところだ。

↓"Sub3"情報満載、ここから始める"Sub3"↓
にほんブログ村 マラソンへ
↑"Sub3"したいなら押せ、押すのだ、ポチッとな!↑