仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

娘(3歳)の足がクソ速いのでスロー分析したら高ピッチかつフォアフットだった。

娘が3歳になって走る楽しさを覚えてきました、毎日成長が楽しみ、まっさんです。なんだかもう足の速さが保育園でも飛び抜けているのでスロー動画で分析してみました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
↑"Sub3"情報満載!ここから始める"Sub3"↑

まずは動画を見ていただきたい


【娘(3歳)の足がやたらと速い】
インスタにあげた動画だがクリックしてみてもらいたい。
序盤は緩やかな登りのジョグだ。
そして平地に入るとスピードが上がり、最後は速すぎてどこにいくかわからないので動画を止めて追いかけた。

娘のプロフィール

年 齢 3歳
所 属 あおぞら保育園(仮称)かえで組(年少)
走 法 フォアフット
シューズ NIKEダイナモフリー
趣 味 どんぐり拾い ダンゴムシ集め 替え歌
性 格 ひょうきん
身 長 早生まれなのでクラスで一番チビ
体 重 13.4kg

パパのマラソン用のお靴だよ、と言ったらこれを履いて走りたいと先日嫁ちゃんが誕生日に買ってくれた(未払いだけど。)ペガサスターボを家の中で履いていた。まだパパは履いてないのに、、、。

毎日の日課と保育園からの警告

走るのがとにかく好きな娘(3歳)は最近保育園から帰る時家までの1.5kmをずっと走っている。
私が迎えにいくのは週3〜4日、つまり週5kmくらい走っている。
月間走行距離20kmは3歳にしては大したものだ。

これがとにかく速い。

どのくらい速いかと言ったら、
同い年の女の先生から、
「走り出したら私たちでは追いつかないので警戒しています。」
という報告を受けたレベルだ。
まだ3歳になったばかりなので信号など教えているが周りの危険性に気づかず走ってしまう。
うちの子の見張りは新卒の男の先生の役目ともなっているようだ。

動画の最後なんかとにかく速い、ヤバイと思って動画撮影やめて追いかけたので途中で切れてしまった。

装備など

シューズ

靴は最近流行りのNIKEの厚底だ。
ダイナモフリーという靴で紐を締めなくてもフィットするのでえらくお気に入りのようだ。

雪柄❄️が可愛いので娘はエルサの靴。と呼んでいる。

バックパック

背中のリュックに水筒とお漏らしした着替えや拾った葉っぱ、どんぐりなんかも詰めてあり重さは1kg弱。先日は大量のダンゴムシが入っておりママが悲鳴をあげていた。まぁ、立派なトレイルランナーみたいだ。
リュックくらい親が持ってやれ、と思うかもしれない。しかし、リュックを背負わせておかないとさらに速くて危険なのでウエイトとして背負わせている。

走りの分析

娘の走りをスロー動画で撮影したら200bpmくらいの高ピッチかつフォアフットだった。
これは秋マラソンまでに手に入れたい私の目標とするところだ。それをすでに会得している。
頭が大きい子どもはバランスを崩しやすいものだが、バランスを崩すと手を振り回し、リカバリーをかましながら走っている。
蹴る筋力もないので頭を少し前に出しくるぶしから前傾を作り出し推進力を得ている。
ストライドも立派でジョグから全力疾走になると、かなり大きく前に足を降り出すが、前傾姿勢により上半身が追いつき、ほぼ体の真下に着地している。
オムツも取れ始めなので、トレーニングパンツが股の間に挟まっているのと、靴が大きくてふくらはぎに当たって転ぶので少しガニ股気味の2軸走行だが、スピードが乗ってくると1軸走行に切り替わっているように見える。
地面からの反発ももらっているようで、これはNIKEダイナモフリーを履き始めてからだ。
もちろん時に派手に転倒するが転んでも起こしたことは特に今までないので、そういうものだと思っているらしく1回転くらいしても手をパタパタと払ってまた5秒後には走り出している。

子供の走りは走りの原点

小学生くらいの子供は何も考えないで走るので大抵のフォアフットだ。腰が落ちてかかとから着地している子供などあまり見たことがない。みんなぴょんぴょん走っている。
体重が増えたり、余計な知識がついて走りがヘンテコになっていくのは大人だけだ。
これからは成長を見守りつつ、先生として色々習って行きたい。

さて明日からUTMF

嫁ちゃんと子供はGWを早めに取って実家に帰るようだ。どこを走っているかがわかる応援ナビの話もしたが聞き流された。
「ジージとパパと競争したい!」
と言っていたが残念ながらパパは富士山の周りをグルグル走ってくる。
娘に負けず頑張りたいものだ。