仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

"Sub3.5"ランナーがNIKE3兄弟で"Sub3"を目指す時に僕の語ること。

サンタさんが我が家に
緑とオレンジの靴を片っぽづつ持ってきた。

ムスメが訊いた。
「サンタさん、間違えたの?お色が違うよ。」

妻が僕に云った。

「ピンクの靴にすれば良かったのに。」
(「ピンクの靴」というのは「黄緑の靴」を超えたセンセーショナルな色だ。)

僕はすぐさま、こう切り返した。

「この緑の靴だってピンクの靴とおんなじくらい速く走れるはずなんだ。」

「ピンクの靴はとても高価なんだ。だからこの緑の靴で良いんだ。」

正直に語ることはひどくむずかしい。
僕が正直になろうとすればするほど、
正確な言葉は闇の奥深くへと沈み込んでいく。

僕はこう続けた。
「完璧なランニングシューズなど存在しない。

完璧なランナーが存在しないようにね。」

妻は無言で訝しげに靴を眺めていた。

暗闇で突然LEDが点灯したかのように、
パッと表情を明るくして娘が云った。
「はなちゃんの、お靴と一緒だ。」

僕はキラキラと瞳を輝かせる娘を見て
高校生の時に国語教師から送られてきた
年賀状の言葉を思い出した。

深海で光る魚族のように 
自らが光らなければ
光りはどこにも無い。

25年も前にもらった年賀状の文句を覚えているなんて我ながら少し気持ちが悪い。

でも、その時の僕の脳裏に、
深く深くその言葉は刺さったんだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

って事で!

ヴェイパー追加購入しちまってました。
しかも今回は無理矢理?公認!!

というのも黒ヴェイパーはレース未投入なのに、試行錯誤で250kmを超えて走行し、もうこんな状況なわけで、、、。
特に右のアウトエッジはゴムがなくなり間も無くZOOM-Xに達しそうだ。

先日、シューグーにより補修が行われた。
シューグーは神アイテムである。

これでまだまだ練習で履ける。

東京マラソンまで残り60数日。時間がない。
日々の練習も頑張ってはいるがまだまだ走力は足りていない。

日々の練習は、今まで履いてきた靴を封印してNIKEの3足を履き回している。

そんなに金かけて、、、なんて人もいるだろう。
確かに、靴にはかけたお金も相当なもんだけど、まぁ走るモチベーションにはなっているし、趣味はある程度金のかかるものだ。

他の趣味(モータースポーツ、MTB、サーフィン、登山、鮎釣り、海釣り)なんかに比べたら出かけるお金も含めたら走るだけだから、コストは0が一つ少ないくらいだし、なにしろ健康にも良い。

まぁ、幸いにも靴が買えるのでそれなりにお金はかけちゃってるな、、、。まぁいいんだ。

それより、結果だ。

ヴェイパーフライネクスト%

東京マラソン本番用にエキデンパックを購入。
今後、フロストバイト、青梅マラソン、東京マラソンなどレース本番に投入予定。
できるだけ消耗させないで東京マラソン本番まで温存する。

今までの黒く塗っちゃったヴェイパーはポイント練習や月例青梅マラソン(月1-2回の30km走)に使うことに。

www.breaking3.tokyo

ヴェイパーで練習しないとやっぱりヴェイパーでは速く走れない気がして、、、。
なんか変なとこ筋肉痛になるんですよね、腹とかハムとか。ヴェイパー筋鍛える。

エキデンパックはアシンメトリーなカラーが最初は抵抗あったけどなんか色なんてどうでも良い気がしてる。

嫁ちゃんには好評だったし、ムスメは
「はなちゃんと一緒だ!」
と言って嬉しそうだった。


NIKEのダイナモフリーがお気に入りのムスメ。
洗い替えに1足買ったら、左右別々に履くのがお気に入りだ。

ズームフライ3

NIKEのブラックフライデーで8000円ちょいで買えた。

主に通勤ランに使っている。黒いし。
日々のペース走やジョグ、5000TTなんかもこれで。走るとドムドム言う、ズムズムとも言う。

距離はあっという間に250kmを超えたが今のところソールにダメージはない。

ヴェイパーと同じパターンだけど減りは圧倒的に遅いと思う。素材が違うのかな??

さらに意外にも履いた後の身体や足のダメージがほぼこない。これは助かる。
先日の5000TT×3本カマした時も、下りを全力で走って㌔3分前半のペースで今までにない衝撃が身体に来た気もしたのに、結局なんともなかった。
リアクトソールは重くて丈夫でドムドム進み、まっさんの体を守ってくれる。

かなりの重さを感じるけど、ペースは保てる気がする。コイツの後にヴェイパー履いたら超絶軽い!って効果もあるので日々の練習の中心にある。

前傾を保っていないとペースが維持できないところとか、身体の使い方がヴェイパーのソレに似ている気がする。

ペガサスターボ


夏前にアウトレットで7999円で購入。
200kmを間も無く越えるがこの子も丈夫で良く出来たコである。

使用シーンは坂インターバルや気分転換のジョグなど。そんなに構えなくても履けてデイリートレーナーとして使用。
3足の中で1番ドロップが高い(10mm)のでドロップになれるのには良いかと思う。

ヴェイパーと同じZOOM-Xを使用しているけどソールがゴム張りで減る気配がない。

非カーボンのコイツの反発具合はヴェイパーのソレとは明らかに違うけど足がくるくる回ってピッチが上がる感じはよく似てる。

ヴェイパーやズームフライは接地した瞬間から母指球に無理矢理抜けていく感じがある(VFN%は特にそのスピードが速い)けどコイツはそんな感じが全くなく、それなりの良い反発を返してくれて気持ちよく走れる。

ターボ2はさらに軽くなった上にソールに芯が通りしっかり感があるとのことなので気になるけど、このペガサスターボは嫁ちゃんが初めて「買ってあげる!」って言ってくれた(いまだに未払いだけど)靴なので大切に履いている。

インターバルにも使えるかな?とトラックで履いたらトラックの柔らかさとソールの柔らかさが打ち消し合うような感じでちっとも気持ちよくなかった。
、、、ので、使用はロードでばかり。

番外編 ヴェイパーフライ4%

200km走行のヴェイパーフライ4%をもらってきたが、サイズが0.5cm大きいこともあり、カカトが浅くて脱げそうになるし、ドロップが異常に高いし、スイートスポットがVFN%に比べてかなり狭い印象がありあまり履いていない。


クッションはとても良い。
靴ひもが変なラメラメに変わってる。

洗ったらきれいになったけど嫁ちゃんには

年末までに捨てろ

と言われてしまっている。
黒く塗るか、、、。

年末年始のラン予定

明日から嫁ちゃんとムスメは実家に帰省。
まっさんは元旦が仕事休めずなので行けず、、、。

なので走りたい放題!
1週間で150kmくらい走れそうだ。

30日は月例青梅マラソン実施です。
青梅マラソンスタート地点を10時スタート。
暇な人どうぞ!今んとこ参加者はいつも通りの2人。
4’30/km→4’20/km位で走りたい。

31日は先週SS氏と行こうと言っていた箱根外輪山、ひとりで行ってくるか、、、。
晦日はクッソ寒いってことだけど。

元旦は仕事だけど一年の計は元旦にあるらしいし、疲れてなかったら早起きして家から30km走って行ってみるか。

2日は仕事明けなので夜は坂インターバルをカマす。

3日はランオフ。かゆるーくジョグ。

4日は昭和記念公園でニューイヤーマラソン10kmに申し込んでみた。4’10/kmを切るペースで何とか上手く走ってみたい。

5日はryo君イベントで、甘いもん食べながら走るぞ。

そんな感じです。