仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

スタミナモンスターにまずはなる。

スタミナモンスター(を目指す)、まっさんです。Sub3のための練習も書きかけですが、まぁのんびり書くとして今回はロング練を始めたので書いてみましょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


祈♡開催

目標Sub500とは?

Sub500とは、
100kmを5’00/kmで走り切っちゃう。ってこと。
そんなふうに言うか知らんけど。

とりあえずここを目指すことにした。

開催されるかわからんが
柴又ウルトラでSub500を目指す。

柴又ウルトラでSub500をやっちゃうってことは、
10位以内に入賞しちゃう。
ってことなので結構レベルが高い。

を飛び越えて、すごい。

入賞ですよ、奥さん、、、。

モチベーションも湧いてくるじゃないか。
鈍足でもやってやる、っつー、モチベーションね。

Sub50にむけて

Sub50のEペースは4’35/km-5’03/km。

Sub50ランナーのマウントチミー氏やまなパパさんが以前、
タコ焼き会で4’30/kmはジョグだよなー、
いつまでも走れるペース。

と言っていた。

スタミナ型のまっさんとしては、
自分の芯であるロング(スタミナ)に
絶対の自信がなければならない。
と感じたことからまずは走り込みのできる6月くらいまでにこのEペースをモノにしたい。と考えた。

スピード練は暑くなったそのあとでもできるし、何より高い負荷に負けない心筋と脚を作っておけばケガなどに繋がりにくいと言う気もする。

ということです。はい。

で、練習方法。

練習としては多摩川沿いをひたすら下る。
すると、たくさん飛行機が見えてくる。
そこが行き止まりなので引き返す。

ただそんだけ。


まあ、ウルトラ前の練習。

一昨年はサンダルで100kmレースを走る、
ってのが目標だったのでサンダルでもやった。

この練習のキモは
行きは良いよい、帰りはこわい。
ってところ。

行きは下りだし、川の流れに沿って進むだけ。
帰りは大抵午後になるので突然山から風が吹くし、上りになる。
つまり後半にかけて負荷が増えていくので、100kmよりも短い距離で負荷をかけられる。

行きに左岸側を走ると未舗装の砂利道が多いので脚を使う。
で、帰りは右岸側を通るので、その日の感じによって南武線に乗ってDNFが余裕。

で、、シーズン初練習

シーズン初練習なので、靴を履くことにした。

靴以外だとサンダルがある。
サンダルは1.7倍の負荷(まっさん調べ)の負荷を脚に与えることが出来るし、きちんと走れないと怪我をしてしまうのでフォームの矯正になる。

短い距離で負荷をかけられるのでコイツで60km走れれば靴なら100kmは余裕。
ロングの練習ではとにかく時間がかかるのが痛いので、サンダルを使うことで時短にもなる。

まぁ、いいや。

で、、走る。


カモメさんも整列してたし、
ダウンドックもカマした。
行き止まりまで行けた。
ペースは5’05/kmで行けたのでかなり速くなった。

そして帰る。
出来れば60kmまでは5’00/km台で頑張りたい。

と思って折り返すも、
そよ風強め。


風速7mとか言ってたけど、川沿いは2倍はあるんじゃないかっつー。

6’00分/km台も厳しい。全然進まんかった。
笑えるくらい進まん。
途中、行き倒れたロード自転車の人を何人も抜いた。
そんくらい、のそよ風(強め)。

で、なんとか60km地点まで。
26km進んで今日は終わり。

脚が終わったとかじゃなく、ホントに進まなかった。最後防風林のある登戸近くはペース戻ってきたのでまだまだ行けると信じたい。

50km通過が4時間半だったのでこれじゃSub9ギリギリライン。全然ダメだ。

ただ、向かい風の走り方も分かったので収穫があった。
力を使わず走り、進まなくても焦らない。
これに限る。風が弱まると勝手に進み始める。

うまく行ってる時は追い風なんて気づかないものだ。
向かい風の時に真価が試される。

人生ってそんなものじゃない?

当面の目標は
60km5時間以内
70km6時間以内
ってとこだな。

スタミナモンスターにまずはなる。

おしまい。