仕事じゃねえんだ、真面目に走れ〜40歳からのマラソン”Sub3"〜

育児と家庭と他の膨大な趣味とわずかな仕事をこなしつつ、、、。「ちょっとまたお父さん走りに行ったみたい・・・。」と妻と娘にゲキを飛ばされ突然マラソン"Sub3"を目指して走り始めた「まっさん」のブログ

とりあえずアルファフライを履いてみたので。

東京に帰ってきました、まっさんです。とりあえずα-Flyを無事購入、手元に来ましたので買えた者の半ば義務?としてファーストインプレッションをば。


あくまでも履いた最初の感じね。しばらく履き倒して300kmくらい超えたらレポする。

α-Flyは水没してた

数日前の豪雨の際、まっさん岩手にいたので宅配ボックスのα-Flyを回収できず、、、。

内箱は乾き始めてました。
α-Fly君本体はお湿り程度w

α-Fly開封の儀

①サイズ感はVFN%と同じで良いかと。
(まっさん全てのナイキが26.5cm)
②ヴェイパーウィーブよりアトムニットが伸びる素材なので足がみょん、って広がる。だから履き口狭い、やべえ履けねぇ、返品だ!あああああ、とか焦らぬよう。
4%のフライニットとは締め付け2倍、薄さ1/2ってとこか?フライニットでニット素材嫌いになったまっさんもニット素材に安心感が持てた。
③靴ひもは解けにくいザラザラ。なぜVFN%まではあんなに解けやすいヒモだったか謎。
以上ファーストレポ終わり。




ってもつまらねえからあとちょい。


写真拡大してみてくださいね、かかとの面積がこれだけ違うので後述しますが踵着地でも安定感はありそう。
ぶっちゃけ着地方法なんてどうでもいいんですよね、大事なのは着地の位置かなと思いますよ。速いランナーでもいくらでも踵着地の人がいますし、踵着地でも速いランナーは着地した瞬間に上体がきれいに前傾を取れて前足部に乗り込んでいけてる。
逆にフォアフットで着地する人でもその後しっかりかかとをついている人が大半だと思います。(大迫選手は例外だな、かかとついてねえ。)

まぁ、脱線ですすません。

α-Fly早速走りに行くも

暗いとなんか怖い。
そのため町内一周にてランを終了。
厚底加減とビョンビョン具合が今までの靴と違う。
とにかくうまく止まれないし、うまく曲がれない。うまく止まれないと言うのは走るのをやめようとしているのに勝手に2.3歩進んでしまう謎の感覚。


まっさん、困っちゃう!

α-Flyで気を取り直して朝ラン


こんなカッコでな、KOUMI 100mileのTシャツ着て。


こんな感じでな。
4が並びすぎてなんだか今日一日中用心しまくってた。

朝5時前に家を出て、最初の2kmはヒモ締め直したり信号止まったり写真撮ったりと。
3-9kmまではほぼ止まらず。(あ、5kで時計止めて写真撮りましたすません)

いつもの朝ランはコップ1杯の水で走り出しているのでEペースよね。5’30/kmから走り出してあげれる時はEペース上限の4’37/kmくらいまで上げる。

そんな感じで走り出すもポキュポキュいってどんどん進むんすよこの靴、もはや装置。高速巡航装置。

まっさんのジツリキから言ったらこんなペースは1人じゃ今んとこ出せない、ここ1週間で120kmくらい走ってるし登ってるので疲労もたまってるよね。

そんでこれ。すごくないすか!!!!
(ナイスラン!って言って。)

んでね、奇跡です。
4時台なのに意外とランナーさんいましたよ。
京王線の鉄橋をくぐって四谷橋前で小柄な女性ランナーさんを抜いた。
ピッチでピチピチ元気よく走ってた。
こういう女性ランナーさんはウルトラとか強いんだよなぁ、前半サクッと抜いたはずなのになぜか後半抜かれる的ないい走り。省エネ。
ペガサス36かな?オレンジと黄色のソールだなーなんて見ながら抜かした。4’00/kmくらいの感じで。そしたら、、、、。

torch-runnner.hateblo.jp
金持ちじゃねーけどな、、、。
着てたのはKOUMI 100mileのTシャツす。

んでさ、ペリーコよりもルブタンよりもさ、サンダル履くならルナサンダルだよ、おとちゃん!

最近ブログ登録させてもらってお近くだなー、なんでやりとりしてたおとちゃんさんだった。
そりゃいい走りだ、だって聖火ランナーすよ!!

すれ違いなら会釈くらいするのだけど、追い抜かしじゃ無言よね。お話ししたかったぜー残念!!

今度声かけますね!おとちゃん!

α-Flyはマラソン解説のとおり

東京Mの大迫選手のバネのある走りですねー。=バネのある靴ですから。

名古屋WMの一山選手のゴムまりが弾むような=ゴムまり靴ですから。

解説の通りです。
たださ、そのはずみのつおいゴムまりをコントロールする体幹なりなんなり必要でしょうね、、、。

まぁ、弾んでる感はかなりつおいです。
ただし、どこ飛んでくかわかんないんす。

前述の通りヒールストライクでも幅が広いので安定感かなりありますがそのあと、どこ飛ぶかわからん。ヒールストライクの人は繊細なコントロール必要かね、よくわからん。

こわぁーんなに違う。

たぶんフォアで踏んだ方が接地時間短くなる。もっと上のスピードじゃないとわからないですね、だからまっさんまだ良くわからんです。

とにかくこいつはあばれる君です。


まだこんな感じ。


こんな感じに手懐けられたら速く走れるんだろうなぁ。

まぁサブ4だろうが3だろうが2だろうが履いてみるといいと思う。
自分が味わったことのない領域を簡単に味わえる靴は自分の走りを育ててくれると思うからさ、毛嫌いしないでさ。
他の靴でも同じように走れる感覚が身につきそうじゃない。

ポキュポキュ♪
ポキュポキュ♪